Home » 愛生舘サロン

愛生舘サロン愛生舘ビル

【スペーススケジュール】
会議・セミナー・懇親会等の予約状況は下記の通りです。
新規予約・変更・定期予約等のご相談は、愛生舘サロン受付:011-251-2070(サロン事務代行の株式会社トライ)までご連絡ください。
※下記カレンダーに表示されている時間帯は、予約済みの時間帯です。


愛生舘サロン 設立趣意書

 

アイヌの人たちが住んでいた蝦夷(えぞ)地は、明治2(1869)年に「北海道」と改称され、開拓使が置かれて、「札幌本府」の建設が始まったのが札幌の誕生の第一歩です。このときの判官、島義勇(しまよしたけ)は、円山の丘からはるか東方を見渡し、街づくりの構想を練ったといわれています。

その後、明治8(1875)年、最初の屯田兵が入植し、先人たちは遠大な札幌建設計画に基づいて、鉄道を敷き、産業を興して、現在の原形となる市街地が形成されて、道都・札幌を築きました。大正11(1922)年の市制施行により「札幌区」が「札幌市」となり、近隣町村との度重なる合併・編入によって市域・人口が急速に拡大し、昭和45(1970)年には人口が100万人を突破、2年後の昭和47(1972)年に政令指定都市へ移行しています。同年の札幌冬季オリンピックの開催を機に、地下鉄などの新たな都市インフラの整備が進むなど飛躍な成長を遂げ、人口190万人を有する大都市へと発展しました。

このように急速な発展をしてきた札幌市ですが、人々の価値観やライフスタイルが多様化し、これまで増加の一途をたどってきた人口が平成27(2015)年をピークに初めて減少に転じることが見込まれる中で、従来の「量的な成長」から「質的な成長」をより重視する時期を迎えています。

愛生舘ビルは、札幌の歴史のまさに原点・「本府」に位置し、今もこのまちの町内会は、「本府連合町内会」として開拓当時の意志、「本府の心」を受け継いでいます。

愛生舘ビルは、明治24(1891)年創業の医薬品卸業・株式会社秋山愛生舘の本社があった場所です。すでに120年を越えた歴史を刻み、この街の変遷をじっと見つめ続けてきました。愛生舘ビル周辺の南1条電車通り界隈は、昔は自転車、原付バイク、トラックが頻繁に出入りする、まさに商業の拠点でした。昭和30年代には、玉木塗料店、山田文具店、そして、今も続く中山商店ほか、大勢の人が暮らし、小売店が連なる商業の拠点、人が集うにぎやかな街並みでした。

ここのキーワードは、「大通公園」、「狸小路」、「駅前通り」、「南門通り」、「ススキノ」、「4丁目交差点」、「三吉神社」、「北海道神宮・頓宮」、「雪まつり」、「市電」・・・・、それぞれに歴史・文化の香り高いものばかりです。

「愛生舘サロン」はここに集う人々の時間的、空間的な「つながり」を世代や立場を超えて共有する空間であり、場所の歴史が育んだ文化と経済を融和し、新しい価値観を創造して世界に向けて発信する拠点として賛同者を募り、ここに設立いたします。

 

平成24年8月12日

 

愛生舘サロン 設立準備会

発起人代表 秋山 孝二

発起人:秋山 基、岩井 尚人、柏尾 哲哉、 小出 友矢、 鈴木 善人

 


【資料】

~南1条電車通り界隈~

「南1条電車通り界隈」は、そんな街の歴史のまさに原点・「本府」に位置し、今もこの地域の町内会は、「本府連合町内会」として生き続けています。地域のキーワードは、「大通公園」、「狸小路」、「駅前通り」、「南門通り」、「ススキノ」、「4丁目交差点」、「三吉神社」、「北海道神宮・頓宮」、「雪まつり」、「市電」・・・・、それぞれに歴史・文化の香り高いものばかりです。

 

* 「南1条電車通り」は、大正7(1918)年、札幌の最初の市電3路線の一つで、多くの市民の足として、100年近く毎日走り続けています。

* 「大通公園」は、公園であり、通りであり、イベント会場にもなります。冬の「雪まつり」を始め、今では春・夏・秋・冬に多彩な行事があり、札幌市民の集う場所で賑わっています。

* 「狸小路市場(西6丁目)」は、この地域の日々の買い物をする馴染みの場でした。

* 「ススキノ」は今も変わらぬ大歓楽街、昔も今も大人の場所です。

* 「駅前通り」は、まさに札幌駅から中島公園に至る札幌の顔です。

* 「南門通り」は、道庁南門に通ずる道で、終戦直後、進駐軍が札幌に駐屯した時に、ススキノ方面から道庁まで、電車通りを渡って行進があったそうです。

* 「風物誌」としては、2月の雪まつり(大通公園)、5月の三吉神社例大祭、6月のさっぽろまつり(札幌神社例大祭)、8月の盆踊り(狸小路)等でしょうね。

 

~~~参考資料~~~

<市電の歴史>

大正 7年   初めて3路線(南1条線、停公線、南4条線)・5.3㎞でスタート

昭和 6年   山鼻西線開通で23.4キロメートルへ

昭和33年   国内初の路面ディーゼルカー運行開始

道産ボギー車運行開始

藻岩山ロープウェイ営業開始

昭和34年   婦人子供専用電車運行開始

昭和46年   <地下鉄南北線開通(北24条~真駒内間12.1Km、14駅)>

大幅路線廃止:苗穂線、豊平線、西20丁目線、北5条線、鉄北線

電車完全ワンマン化になる

<場所文化:後藤健市さん「場所文化機構」のHP(http://www.basyobunka.com/)より>

「場所」とは土地や自然のこと、「文化」とは人とその知恵のことです。二つが融合し形成される固有の価値、すなわち、その土地の言葉、景観、料理、習慣、祭祀等のことを私たちは「場所文化」と呼んでいます。

四季が豊かな日本には、古来から花見、もみじ狩り、月見など、移ろいゆく季節の中で、それぞれの場所が見せてくれる特別な瞬間や、その土地その土地の季節の食材という「旬」を楽しむ習慣がありました。自然(=場所)と、人(=文化)の関係の中に、質の高い時間を見出し、楽しむこと。ここに「場所文化」の本質があります。そして、モノを多く所有するのではない、真の「豊かさ」はここにあります。日本人は、場所文化を染むことを通して、「自然に感謝する心」や、「環境を大切にする意識」を育んできたのです。

しかし、日常に当たり前に存在する場所文化は、それゆえに価値を見誤られ、失われたものも少なくありません。また、地域ごとの「違い」を、「個性」と捉えるのではなく、「劣っている」とする傾向が、日本全体の没個性化を招いてきました。

場所文化が失われるということは、地域固有の価値が失われることであり、その損失は、例えば「市町村合併により地域の名称が失われる」といったことよりももっと本質的で深刻です。

私たちは、一人一人が自分の住む場所の個性を大切にし、その場所で質の高い時間を楽しむことから、場所文化を再生していくことが必要と考えています。

Copyright(c) 2012 愛生舘ビル All Rights Reserved.